2017年 オーストラリアのレンタルWiFi おすすめは?3G/4G料金とメリット・デメリットを比較しよう!

オーストラリア旅行中も、いつも使っている自分のiPhoneやスマホが使えるという「レンタルWiFi」について、各社の料金や通信容量、受け取り可能な空港などをまとめてみました。

オーストラリア旅行にレンタルWiFiは必要?


最近は、オーストラリア旅行に出かける人の中で「旅行中もネットにつなげてインスタやラインを自由に使いたい!」と思う人が増えてきているそうです。

ホテルのWi-Fiや、シドニーのまちなかなどにあるフリーWi-Fiスポットを使うこともできるんですが、できればオーストラリア旅行中ネットがいつでもどこでも使えればもっと安心ですよね。

例えば、オペラハウスやエアーズロックで無料のWi-Fiスポットが見つからなかったり、Wi-Fiスポットにつながらなかったりしても、レンタルWiFiがあれば大丈夫!

レンタルWiFiがあれば、外でもネットにつないでマップアプリを使ったりできるから、道に迷っても安心です。

レンタルWiFiがあれば、外のレストランで「お料理がおいしかったよ!」と感動した時の写真をすぐにインスタにアップしたり、「絶景が見えた!」瞬間に、その場ですぐにLINEで共有したり、旅行がもっともっと楽しくなりますよ。

他にも、「オーストラリアのおみやげ買ってきてよ」って家族や同僚に頼まれちゃった、なんて時も、レンタルWiFiを持っていれば、おみやげ屋さんからLINEで写真を送って選んでもらうこともできますよね。


オーストラリアの海外パケット定額は料金が高い!?

海外でスマホを使うなら「海外パケホーダイ」を使えばいいんでしょ?

オーストラリアでは例えば、ドコモの「海外パケ・ホーダイ」、auの「海外ダブル定額」、ソフトバンクの「海外パケットし放題」などのプランが提供されていますが、1日あたり2,980円もかかってしまうんです。

これでは5日間の旅行でも、パケット代だけで1.5万円近くの出費になってしまい、シドニーで思う存分おいしいものを食べるはずが予算が足りない!なんてこともあるかもしれません。

各社の「海外パケット放題・定額」対応となっている国でも、スマートフォンの機種によっては定額料金にならない場合があるので、海外に出かける前には忘れずにご自分のスマートフォンが対応しているか確認しましょう。
事例 海外でiphoneが「パケット定額」外の通信会社に接続し請求額が76万円に

でも、レンタルWiFiの料金は海外パケット定額よりかなり安いので、オーストラリアでも安心してネットが使えますよ。


シドニーのインターネット事情

でも最近は、オーストラリアでも空港やホテルに無料のWi-Fiスポットがあるって聞いたから、それを使えばいいかな、って思ってるんだけど…

確かに、最近ではガイドブックやネットに「シドニーでは無料の公衆Wi-Fiが使える」と書かれていることも増えてきましたね。

実際にシドニー国際空港や、シドニー周辺のホテル、カフェまたはショッピングモールなどで無料の公衆Wi-Fiがあることは珍しくなくなりました。

海外のフリーWi-Fiスポットの利用方法

① 認証不要タイプ:フリーWiFiに接続すると自動的に認証ページが表示され(*)、認証ページで「利用規約を承諾する」などのボタンをクリックします。

②メールアドレス認証タイプ:認証ページ(*)でメールアドレスなど必要事項を入力します。届いたメールに記載されたパスワードを使ってフリーWiFiに接続します。

③SMS認証タイプ:認証ページ(*)で携帯電話番号を入力すると、SMSでパスワードが届き、そのパスワードを使ってフリーWiFiに接続します。

* 認証ページが表示されない場合は、「http://www.yahoo.co.jp/」などを開いてみてください。

私も、旅行先の空港や地下鉄の駅などでフリーWiFiを利用することがありますが、海外の公衆Wi-Fiは、その土地にあまり慣れていない旅行者には使い勝手が良くない、というのが正直な感想です。

例えば、無料Wi-Fiは接続できる場所が限定されていたり、電波が弱かったり速度がとても遅かったり、接続の手順が分かりにくかったりするので、旅慣れている私でも、急いでいる時や短期の旅行では無料Wi-Fiの利用は避けるようにしています。

また、個人のお店などで提供されている無料Wi-Fiには十分に注意してくださいね!

旅行先で身元不明のWi-Fiに繋ぐと、スマートフォンの中にある個人情報などを盗み取られ、犯罪に巻き込まれる可能性があるので非常に危険です。

旅先では、たとえホテルのプライベートなネットワークであっても、危険は潜んでいると認識すべきです。標的となった人物のマシンが感染した場合は、その中に保存されている企業の知的財産といった機密情報が盗まれます。
出典カスペルスキー マルウェアニュース

私がフリーWiーFiを使う時は、必要に応じてVPNアプリなどで対策をしていますが、WiFiレンタルなら面倒な操作なしにセキュリティも万全、いつでもどこでも自分専用のWiFiからインターネットに接続できるので、手軽で安心ですよね。

それで、私のオススメは、レンタルWiFiをメインに使って、空港やカフェなどで長い時間滞在する場合はフリーWiFiも使う、という方法です。


シドニーでも使える海外レンタルWiFiなら1日850円から!

オーストラリア向けの海外専用WiFiレンタルは、なんと1日850円~の低料金で、外出時でも安心してネットが使えるようになります

パケット代をしっかり節約して、シドニーの街あるきの後でマッサージに行くのもいいですね。


安い!簡単!安全!な海外ポケットWiFiレンタル

でも、WiFiレンタルなんてやったことないんだけど、機械が苦手な私でも大丈夫?

海外レンタルWiFiは使い方が難しいと思われることが多いんですが、ぜんぜん大丈夫です。初心者でもとっても簡単に安心して使えますよ

グローバルWiFiのレンタルセット

グローバルWiFiのレンタルセット

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は手のひらサイズで、かさばらないので持ち歩きも楽ちん。

ポケットWiFiには既に初期設定がされているので、シドニー国際空港に到着したらポケットWiFiの電源を入れるだけでOKです。

1分ほどでオーストラリア現地の電波につながるので、現地到着後すぐにインターネットを使うことができるんです。

スマホやタブレットをポケットWiFiに接続するのも、たったの2ステップ!

① ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続して
② パスワードを入力する

ほとんどのレンタルWiFiではWiFi機器本体にSSIDとパスワードがテプラで貼り付けてあるので、全然心配いりません。

たったこれだけで、オーストラリアに到着したその時から、あっという間にネットが使えるようになりますよ。

WiFiルーター(ポケットWiFi)にはスマホやタブレット、パソコンなどを同時に接続して使うこともできるのでとても便利です。もちろん一緒に行く友だちとシェアしても大丈夫です。

レンタルWiFiルーターは日本国内の空港で受け取ることができ、主要空港のカウンターでは操作説明を受けられるので安心ですね。

深夜のLCC便でもカウンターは開いてるの?

地方出発や深夜早朝のLCCを利用する場合でも大丈夫です!

レンタルWiFiは自宅で受け取ることもできるので、出発までにゆっくりマニュアルを見て予習しておくこともできますよ。

それでは、いよいよレンタルWiFiの価格を調べていきましょう!

オーストラリアのレンタルWiFi料金を徹底比較!

ここからは、オーストラリア向けにレンタルWiFiを提供している、主要な5社の料金を比較していきたいと思います。


基本料金はXMobileが安い

各社のオーストラリア向けレンタルWiFiの基本料金を比べてみたところ、XMobile低速3Gプランが最安値で、1日あたり850円でした。

オーストラリア レンタルWiFiの基本料金

最安
XMobile
低速3G
850円/日成田羽田
関空中部
福岡千歳

2位
Wi-HO!
高速4G
850円/日成田羽田
関空

3位
【オージーデータ】
高速4G大容量
880円/日成田
関空中部

でもレンタルWiFiには、基本料金の他に「受け渡し手数料」や「あんしん補償」などの手数料がかかることもあります。それで、実際に支払う総額でもしっかり比較するのがいいですね。


総額なら【オージーデータ】が安い

オーストラリア向けレンタルWiFiの通常プランの料金を、空港受け渡し手数料と安心保証(100%補償タイプ)を含めた5日間の総額で比較すると、【オージーデータ】高速4G大容量プランが最安になりました。

オーストラリア レンタルWiFi 5日間の料金

最安
【オージーデータ】
高速4G大容量
5,480円成田
関空中部

2位
Wi-HO!
高速4G
5,870円成田羽田
関空

3位
XMobile
低速3G
6,149円成田羽田
関空中部
福岡千歳

ということで、オーストラリア向けレンタルWiFiをとにかく安く借りるなら、【オージーデータ】高速4G大容量プランが一番オトク!ですね。

でも、レンタルWiFiって値段だけで決めていいの?他に気をつけることはないの?

大事なところに気がつきましたね。では次に、海外レンタルWiFiの注意点を見ていきましょう。

次のページでは…

  1. レンタルWiFiの速度
  2. レンタルWiFiの容量
  3. グループでシェアできる?
  4. オプションは何を付けたらいい?
  5. 予備バッテリーは必要?
  6. どこの空港で受け取れる?
  7. 自宅で受け取りできる?
  8. 他の国も一緒に周る時は?
  9. 長期レンタルはどこが安い?

《海外旅行専用カード》で海外旅行の防犯対策もバッチリ

キャッシュパスポート

海外旅行で怖いのが、カードの紛失・盗難です。でも、キャッシュパスポート《海外旅行専用プリペイドカード》は、紛失・盗難時も電話一本ですぐに使用停止・スペアカードへの切り替えができるから安心です。
しかも、
 カード偽造が不可能なICチップ対応
 使いすぎないプリペイドカード
と、海外旅行の不安をすっきり解消してくれます!
もっと詳しくキャッシュパスポート《海外専用プリペイドカード》を海外旅行で使ってみた!