海外旅行保険がゼロ円になるカード?

ハワイのWiFiは無料とレンタルどっちがおすすめ?現地プランの料金も徹底比較!

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由

ハワイ旅行中、LINEやインスタ、地図アプリがいつでもどこでも自分のiPhoneやスマホで使えればすごくいいですよね。

今日はハワイのリピーターたちが「ハワイでスマホを使うなら必須」とまで言う格安レンタルWiFiと、ホノルルのフリーWiFi事情についても詳しく紹介したいと思います。

ハワイ旅行のWiFi事情

ハワイでも最近では、多くの場所で無料WiFiスポットが設置されるようになっていますが、電波が弱かったり速度が遅かったりして、快適に使えないことが今でも良くあるんです。

ハワイ旅行に行ってきた人たちに話を聞くと、「Free WiFi」と表示があってもなぜか繋がらなかったり、スピードが遅すぎて使い物にならなかったり、ホテルの客室WiFiが有料だったり、というような話を本当によく聞きます。

ホノルルの街中のフリーWiFi環境について、実際に使った人たちに感想を聞いてみました

ホノルル空港
  • スピードが遅くイライラしてしまいました。(20代女性)
  • セキリュティ面での不安がありました。(30代女性)
  • 繋がりにくく不便でした。(40代女性)
アラモアナセンター
  • 利用者が多いためか、接続が不安定ですし、ページの読み込みも時間がかかることが多いです。(30代女性)
  • WiFiの登録方法の説明が英語でよくわからなかったです。
ホノルル市内のホテル
  • スピードが遅く、特に夕方から夜にかけてのチェックイン後はほぼ繋がらないに近い状態でした。(30代女性)
  • 回線速度が遅いことが多かったので、ページを開くのに時間がかかってイライラしました。(30代男性)

実際のところ、フリーWiFiだけでハワイ旅行を楽しむのはかなり厳しいと思いますよ。

そこで、ハワイ旅行のリピーターたちがハワイのWiFi対策に使っているのが、セキュリティ万全で格安のレンタルWiFiなんです。

海外レンタルWiFiは簡単に使えてしかも安全!

海外レンタルWiFiは使い方も簡単なので、機械が苦手な方でもすぐに使えます

貸し出されたポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)には、渡航先に合わせて既に初期設定がされているので、ホノルル空港に到着したら電源を入れるだけでOKです。

スマホやタブレットをポケットWiFiに接続するのも、非常に簡単です。

1.ポケットWiFiに書いてある「SSID」に接続して
2.パスワードを入力する

たったこれだけで、自分専用のWiFiがいつでも安全に使えるようになるんですよ。

SSIDとパスワードはポケットWiFi本体に貼り付けてあることが多いです。(写真はグローバルWiFi)

ポケットWiFiの使い方が心配な方は、空港のカウンターで操作方法を説明してもらうこともできますよ。

ハワイのレンタルWiFiおすすめランキング

それではまず、ハワイ向けにレンタルWiFiを提供している主な会社の基本料金などを比較してみましょう。

ハワイ向けレンタルWiFi会社
海外専用グローバルWiFi
★★★★★
★★★★★

満足度90%

1日970円~
GLOBALDATA(イモトのWiFi)
★★★★★
★★★★★

満足度78%

1日1,580円~
Wi-HO!
★★★★★
★★★★★

満足度68%

1日750円~

ハワイ旅行にグローバルWiFiをレンタルした方に感想をお聞きしました

初めての海外旅行だったので、WiFiをレンタルしてよかったと思います。道に迷いかけたときも、グーグルマップを使って安心して帰り道を探すことができました。(20代女性)

ハワイは何度も行ってますが、お店の営業時間やドレスコードなど調べるのにとても便利でした。多少は英語ができても万が一のためにスマホで翻訳ができる安心感もよかったです。(30代女性)

ハワイにいる間ずっと、料金の心配なくインターネットが使えてとても便利でした。(30代女性)

移動中や場所を調べたい時に使いたいなあ。と思うことが多かったので思いきって借りてみました。外でもネット環境がある安心感があって、レンタルして大正解でした。(20代女性)

ホノルルでも最近はホテルや飲食店にWiFiがありますがセキュリティ面が心配です。その点、レンタルWiFiならセキュリティの心配がないので安心でした。(20代女性)

管理人のオススメはグローバルWiFi

私はこれまでプライベートや仕事の出張で何度もグローバル
WiFi
を使っていますが、電波もいつも安定していますし、サポート体制がちゃんとしているので、いつも安心して使えています。

 

 
 

コラム:ハワイの絶景スポット「タンタラスの丘」
ワイキキ中心地から車で約25分のタンタラスの丘はハワイ随一の夜景スポット。ワイキキから出発する夜景観光ツアーがあります。夕方にはホノルルすべてをオレンジに染めるサンセットが、昼間はダイヤモンドヘッドとワイキキを見下ろす絶景が見られます。

ハワイのレンタルWiFiを価格・通信容量・補償・オプション・サポート体制で比較

ここからはハワイ向けのレンタルWiFiをとことん比べたいという方のため、主要レンタルWiFi会社6社(グローバル
WiFi
イモトのWiFi Wi-HO!アロハデータXMobilejetfi)の料金プラン・速度・通信容量について徹底的に比較してみましょう。

価格・容量・料金で比較

料金/日 速度・容量 契約手数料
jetfi 480円 高速4G 650円(空港)
~1250円(宅配)
jetfi 520円 高速4G大容量 650円(空港)
~1250円(宅配)
ALOHA DATA 690円 高速4G大容量 無料
~540円
人気No.2 
Wi-HO!
750円 高速4G 無料
~540円
XMobile 850円 高速4G 360円(宅配)
~2160円(空港)
人気No.1 
グローバルWiFi
922円 高速4G 無料
ALOHA DATA 930円 高速4G無制限 無料
~540円
Wi-HO! 1050円 高速4G大容量 無料
~540円
XMobile 1100円 高速4G大容量 360円(宅配)
~2160円(空港)
Wi-HO! 1250円 高速4G超大容量 無料
~540円
グローバルWiFi 1270円 高速4G大容量 無料
jetfi 1280円 高速4G無制限 650円(空港)
~1250円(宅配)
グローバルWiFi 1470円 高速4G超大容量 無料
イモトのWiFi 1580円 高速4G大容量 無料
Wi-HO! 1850円 高速4G無制限 無料
~540円
イモトのWiFi 1880円 高速4G超大容量 無料

一番人気はグローバルWiFi

グローバル
WiFi
LINEでの24時間問い合わせに対応するなど、サービス体制も万全なことからわーとら!でも一番人気の海外レンタルWiFi会社です。

人気2位はワイホー

わーとら!で次に人気のテレコムスクエアのワイホーは、定期的にキャンペーンなどを実施していて、キャンペーン価格ではかなり安くなる傾向があります。

Wi-HO!の公式サイトをチェックして、キャンペーンを実施していないか確認してみるとオトクに借りられるかもしれません。

通信容量の目安
  • 標準容量:1日300MB前後が目安。LINEをしたりインスタグラムなどのSNSを見る程度の使い方なら全然OK。動画を見たり、グループ旅行やビジネス出張の場合は容量に注意しながら使う必要があるかも。
  • 大容量:1日500MB前後が目安。旅行中もネットをよく使う人におすすめ。LINEやインスタなど軽い使い方ならグループ旅行でもOK。
  • 超大容量:1日1GBが目安。グループ旅行やビジネス出張に最適。大抵の使い方ならまず使い切らない容量、動画も1時間ぐらいまでなら大丈夫。
  • 無制限:動画もビデオチャットもグループ旅行もまったく問題なし。ただ、「1日中動画を流しっぱなし」などの極端な使い方をすると制限がかかる場合もあるのでご注意ください。

通信速度で比較

ハワイ州を含むアメリカでは、Rootmetricsというサイト(英語)が定期的に各通信会社の通信速度を測定しています。

そこで、Rootmetricsから各レンタルWiFi会社が使っているSIMの、ハワイ州での速度テスト結果を比べてみました。

速度評価 平均速度
グローバル
WiFi
★★★★★
★★★★★
爆速
アロハデータ
★★★★★
★★★★★
爆速
Wi-HO!
★★★★★
★★★★★
爆速
イモトの
WiFi
★★★★★
★★★★★
快適
出典:rootmetricsによる調査結果(2018年3月)

ハワイ向けのレンタルWiFiの場合、通信回線は各社とも高速な4G回線を利用しているので、極端に遅い会社はありませんでしたが、イモトのWiFi(AT&T社のSIMを使用)は、他社と比べると若干遅いと感じるかもしれません(それでも、高画質の動画を見るのでなければ十分な速さです)。

通信速度の目安
  •  遅い ~1Mbps:LINEのテキストメッセージ(文字のみ)ならなんとか使えるレベル。場合によってはテキストメッセージすら厳しいことも。
  •  必要十分 1Mbps~5Mbps:LINEなどのメッセージアプリやWEB検索ぐらいなら十分使える。地図アプリや、インスタなど写真が多いアプリ・ページだと少し引っかかりを感じるかも。
  •  快適 5Mbps~10Mbps:Google Mapなどの地図アプリや、インスタなど写真が多いページ・アプリでも問題なく見られる。動画も画質を落とせば十分見られる
  •  爆速 10Mbps~:WEB検索や地図アプリはもちろん、動画視聴も問題なく使えるレベル。インスタやLINEに動画を上げてもストレスフリー

万が一のときの補償範囲で比較

不慣れな海外、しかも小さなレンタルWiFi機器(ポケットWiFiルーター)は、十分に注意していても盗難や紛失に遭う危険も高くなります。

万が一のための補償に使える各社の「あんしん補償」などの補償オプションを比べてみました。

部分補償 オススメ
100%補償
追加補償
アロハデータ 200円
Wi-HO! 200円
グローバル
WiFi
200円
・80%補償
300円 500円
・携行品10万円
・傷害死亡30万円
イモトの
WiFi
200円
・80%補償
300円 500円
・携行品20万円
・手荷物遅延10万円
・航空機遅延2万円
・傷害後遺障害10万円
XMobile 料金の15%
・免責1080円
・盗難紛失は補償外

わーとらが強くお勧めしている「フル補償」プランで比較すると、アロハデータWi-HO!が1日あたり200円で最安となっています。

日数が長くなれば、補償オプションの差額も大きくなるので、賢く選択したいですね。

海外旅行保険に入っていればあんしん保証は不要?

海外旅行保険の「レンタル品の賠償責任保障」は、ほとんどの場合で盗難に対応していません。できるだけレンタルWiFi会社のあんしん保証オプションを付けることをおすすめします。

充電器などのオプションで比較

レンタルWiFi会社では、モバイルバッテリーやUSB充電器など、旅行に便利だけどわざわざ買うほどでは…というグッズもレンタルしている場合があります。

上手に使うとハワイ旅行がもっと楽しくなりますね。

変換プラグ・USB充電器・バッテリー

グローバル
WiFi
イモトの
WiFi
Wi-HO! アロハデータ XMobile
モバイル
バッテリー
200円 200円
~360円
200円
~300円
100円 500円
/1回
変換プラグ 50円 180円 400円
/1回
シガーソケット
用USB充電器
100円 100円 100円
USB充電器 150円
ポケットWiFiに変換プラグは付いてる?

レンタルWiFiの基本セットにはその国のコンセントに対応した変換プラグが付属しています。自分のスマホやモバイルバッテリーに充電する変換プラグが別途必要な場合に、オプションの変換プラグを追加すると便利です。

レンタルWiFiの基本セット

レンタルWiFiに予備バッテリーは必要?

ほとんどのレンタルWiFi機種は、バッテリーの連続使用可能時間が3~4時間程度になっているので、移動中も充電できるよう予備バッテリーを持っていくのがオススメです。

あまりネットを使わないなら重量の軽い5,000mAh程度のバッテリーでも充電は十分持つでしょう。グループ旅行だったり、地図アプリやSNSなどで良くスマホを使う場合は10,000mAh前後のものを持っていくと、充電切れの心配がありません

滞在中は、夜間にポケットWiFiとモバイルバッテリーの両方を充電するのを忘れないようにしましょう。

その他オプション

グローバル
WiFi
イモトの
WiFi
360°カメラ 500円 700円
セルカレンズ 100円
折りたたみ
キーボード
300円
翻訳機 500円~800円
ノイズ
キャンセリング
イヤホン
100円

スマートフォン・タブレット

グローバル
WiFi
XMobile
iPad/iPad mini 500円 400円
~650円
iPhone 600円
~800円
Android
スマートフォン
400円
~800円
Android
タブレット
450円
~760円

日本の受け取り空港で比較

レンタルWiFi初心者にオススメなのが、レンタルWiFi各社の 自社 カウンターでの受け取り。

ルーターの取扱方法や、海外でのパケット漏れを防ぐ方法など、親切に教えてもらえます。

各社の日本の空港カウンターをまとめてみました。

グローバル
WiFi
イモトの
WiFi
Wi-HO! アロハデータ XMobile
成田(第1)  自社 
 ロッカー 
 自社   自社   委託   委託 
成田(第2)  自社   委託   委託   委託   委託 
成田(第3)  自社 
羽田(国際線)  自社 
 ロッカー 
 自社   委託   委託   委託 
関空(第1)  委託 
 ロッカー 
 自社 
 ロッカー 
 委託   委託   委託 
関空(第2)  自社 
中部セントレア  自社 
 ロッカー 
 自社   自社   委託   委託 
グローバル
WiFi
イモトの
WiFi
Wi-HO! アロハデータ XMobile
福岡  自社   自社   自社   委託 
新千歳  委託   自社   自社 
那覇  自社 
伊丹  自社 
 ロッカー 
仙台  自社 
宮崎  委託 
新潟  委託 
静岡  委託 
旭川  委託 
小松  委託 
空港カウンターの種類
  • 直営カウンター:レンタルWiFi会社直営の受け取りカウンター。使い方の説明も受けられるので、レンタル機器(ポケットWiFiルーター)を使うのが初めての方にオススメ。
  • 委託カウンター:空港運営会社や運送業者などが運営するカウンター。大抵の場合、専門スタッフはいないので、使い方に関する説明や質問を受けることはできない
  • スマートロッカー:グローバルWiFi(Global WiFi)やイモトのWiFi が主要空港に設置している無人受け取りロッカー。待ち時間なしで受け取れるので、説明を受ける必要がないなら超オススメ。
  • グローバルWiFi成田空港のスマートロッカー(スマピ)

サポート体制で比較

レンタルWiFiを使うのは初めてという方の場合、心配になるのが、もし電波がつながらなかったり、機器にトラブルが発生したときの相談窓口

ということで、海外滞在中のトラブル対応窓口についても、比較してみましょう。

連絡方法 連絡可能時間帯
グローバル
WiFi
LINE/Skype
国際電話(有料)
24時間365日
Wi-HO! 国際電話(有料) 9:00-18:00
(年中無休)
アロハデータ 国内電話(有料) 09:00-18:00
(現地時間・年中無休)
イモトの
WiFi
国際電話(有料) 9:00-20:00
(土日祝は短縮)
XMobile LINE
国際電話(有料)
9:30~12:00
/13:00~18:00
(土は短縮,日祝休み)

24時間365日体制のサポート、しかもLINEやSkypeなどの無料通話にも対応と抜群の手厚いサポート体制なのがグローバルWiFi(Global WiFi)。

アロハデータは現地オフィスがあるため、ハワイ時間で電話相談を受けてもらえるのがポイントです。

他社に関しては営業時間が日本基準なことに注意が必要です。時差のあるハワイでのトラブル対応は、ちょっと難しいかもしれません。

満足度で比較

最後に、わーとらが独自に実施した海外レンタルWiFI利用者アンケートをもとに、レンタルWiFi各社の満足度を比較してみました。

満足度
グローバル
WiFi
★★★★★
★★★★★
90%
イモトの
WiFi
★★★★★
★★★★★
78%
アロハデータ
★★★★★
★★★★★
78%
Wi-HO!
★★★★★
★★★★★
68%
XMobile
★★★★★
★★★★★
データなし
2018年2月~5月にかけてアンケートを実施、有効回答数n=269、レンタルWiFi各社に対する満足度を「とても満足」~「とても不満」の5段階で尋ね、「とても満足」「満足」と回答した割合。

サポート体制と価格のバランスが取れているグローバルWiFi(Global WiFi)が90%と非常に高い満足度となっていますね。

コラム:ハワイの絶景スポット「カイルアビーチ」
オアフ島の東にあるエメラルドグリーンの海と白い砂浜のコントラストが美しいビーチ。「全米1美しいビーチ」に選ばれています。ウミガメの保護地、かなりの高確率でウミガメと出会えます。貿易風が吹くのでウインドサーフィンが1年中楽しめます。

ハワイの無料WiFiスポットの利用方法

ハワイには多くの場所で、無料のWiFiスポットが整備されていますが、そのほとんどは民間の施設がサービスとして提供しているものです。

2017年9月より、ハワイ州観光局が無料Wifiスポット「Gohawaii」の提供を開始しましたが、利用可能エリアはまだまだ少ないのが実情です。

そうすると困るのが、施設によって異なる無料WiFiの接続情報。

ここからではワイキキエリアを中心に、ハワイの無料WiFiスポット情報をご紹介していきたいと思います。

【無料】ホノルル ダニエル・イノウエ国際空港

料金:無料

時間制限:45分

再接続:可能

回数制限:なし

条件:動画広告の視聴が必要

言語:英語のみ

接続手順

  1. ホノルル空港に到着したら、スマートフォンのWiFi接続画面から「Boingo Hotspot」を探し、接続します。
  2. 英語の接続画面が自動的に表示されるので、注意事項を読み、インターネットへのアクセスボタンをタップします。
  3. 十数秒の動画広告を試聴した後、インターネットへの接続が開始されます。

【無料】アラモアナセンター

料金:無料

時間制限:なし

再接続:可能

回数制限:なし

条件:メールアドレス等の登録が必要

言語:日本語あり

接続手順

  1. アラモアナセンター内で、スマートフォンのWiFi接続画面から「AlaMoanaCenter-Free」を探し、接続します。
  2. 接続画面が自動的に表示されるので、注意事項を読んでからメールアドレスなど必要事項を入力します。
  3. 登録完了画面が表示されたらインターネットが利用できます。

【要注文】スターバックス

料金:無料

時間制限:なし

再接続:可能

回数制限:なし

条件:メールアドレス等の登録が必要

言語:日本語あり

接続手順

  1. 館内で、スマートフォンのWiFi接続画面から「Google Starbucks」を探し、接続します。
  2. 接続画面が自動的に表示されるので、注意事項を読んで、「Accept」ボタンをタップします。
  3. 登録完了画面が表示されたらインターネットが利用できます。

【無料】ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチリゾート&スパ

ワイキキ中心部、カラカウア通り沿いにあるハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチリゾート&スパの無料WiFiは、ショッピングの途中などに立ち寄って利用するのに便利です。

ここのWiFiスポットは宿泊者以外でも無料で利用できて、スピードも快適なのが特長です。

ネットの口コミでも、大量の写真動画を転送したり、Youtube動画をアップロードしたり、ぜんぜん問題なくできるとの報告があります。

接続手順

  1. 上記SSIDに接続する
  2. そのまま利用可能

【無料】ヒルトン ワイキキビーチ

日本人旅行者に人気のヒルトン ワイキキビーチでは、無料WiFiが利用できます。

アラモアナセンター近くの「ヒルトン ハワイアン ビレッジ」では、ゲスト用の無料WiFiは開放されていないので、ご注意ください。

ヒルトン ワイキキビーチ

SSID:「Hilton Waikiki_Public」

接続手順

  1. 上記SSIDに接続する
  2. 自動的に表示されるログイン画面で「LOGIN」ボタンをタップする

その他ホテル

ワイキキエリアでは、他にもワイキキビーチ マリオットなどのホテルでゲスト用無料WiFiにアクセスできます。

ワイキキビーチ マリオット

SSID:「Marriot_PUBLIC」

接続手順

  1. 上記SSIDに接続する
  2. そのまま利用可能

【無料】アップルストア

そして、意外なところでは、アップルストアの無料WiFiもかなり便利に使えるので、WiFiに困ったらアップルストアを探してみるのも一つの方法です。

アップルストア

SSID:「Apple Store」

接続手順

  1. 上記SSIDに接続する
  2. そのまま利用可能

無料WiFiの設定方法

スマホのWiFi画面から、フリーWiFiのSSIDを見つけて、接続します。

スマホのWiFi画面から、フリーWiFiのSSIDを見つけて、接続します。

数秒間待って、フリーWiFiログイン画面が出てきたら、画面の指示に従って必要事項を入力し、接続(「CONNECT」、「APPLY」、「SUBMIT」など)ボタンをタップします。

もし、フリーWiFiログイン画面が出てこない場合は、スマホのブラウザのアドレス欄に、「http://www.starbucks.co.jp/」と入力してみてください。

これは別にスタバのHPでなくてもいいのですが、アドレスの先頭が「http://」でないといけません。(https://だとうまくいかない)

docomo・auなどのスマホでハワイの無料WiFi「だけ」を使うには?

docomoやau、ソフトバンクなどのスマートフォンでもハワイの無料WiFiを利用することはできます。

ただし、気をつけないと「海外パケ・ホーダイ」などの国際ローミングに接続してしまい、高額のパケット代が請求されることがあるので、以下の点に注意して設定しましょう。

オススメ方法1:機内モードのまま、WiFiのみONにする

機内モードのまま、WiFiだけONにする

方法2:「モバイルデータ通信」をOFFにする

万が一に備えて電話だけは繋がるようにしておきたい場合、こちらの方法が便利です。

モバイルデータ通信をOFFにする

方法3:「データローミング」をOFFにする

ハワイと日本をよく行き来する場合など、頻繁に設定を変更するのが面倒な人にお勧めの方法です。

モバイルデータ通信はON、機内モードもOFFのまま、「データローミング」をOFFにしておく

ハワイの基本情報

ハワイは太平洋のハワイ諸島にあるたくさんの島々からなるアメリカ合衆国の州です。日本との時差は-19時間です。

ハワイの気候はハワイの気候は温暖で、一年を通してとても過ごしやすいのが特長です。ハワイには2つの季節があり、4月から11月までが夏で、12月から3月が冬にあたります。夏は貿易風の影響で湿度が低く、温度が高いわりに快適に過ごせます。冬の時期は雨季に当たりますが、にわか雨がほとんどで日本の梅雨のように一日中じっとりということはありません。年間平均最高気温は29.2℃(東京は19.7℃)、年間平均最低気温が20.7℃(東京は12.6℃)、平均気温が約24.9℃(東京は15.4℃)、平均年間降水量は597㎜(日本は1718㎜)となっています。

ハワイの通貨はUSドル(補助通貨はセント)で、最近のレートは1USドルあたり約110円ほどです。


ハワイのオススメおみやげなら「ハワイアンホストのマカダミアナッツチョコ」。マカダミアナッツチョコはハワイ土産の定番、なかでもハワイアンホストは老舗中の老舗です。ミルクチョコの中には油を使わずにローストした大きなマカダミアナッツが入っています。ばらまき用に小さいパッケージのチョコもあり。ABCストア、ウォルマートでも購入できます。