海外旅行保険がゼロ円になるカード?

香港旅行でグローバルWiFiのルーターをレンタルした口コミ

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード年会費完全無料なのに、
海外旅行保険が無料
ゴールドカード以上の補償額
旅行保険の付帯条件なし
今だけ8000円還元!
と、超オトクなカード。海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由


2018年6月の香港旅行でグローバル
WiFi
のポケットWiFiをレンタルしてみました。

グローバル
WiFi
の使用感などをレビューしていきたいと思います。

旅行前: 事前予約が絶対オススメ

グローバル
WiFi
では空港で当日レンタルができることもあるようですが、在庫がなくて借りられないととても困りますよね。
事前予約は絶対にした方がいいと思います。
ネットで事前に予約すれば安心ですし、割引などがあってお得なようです。

わたしは出発の5日ほど前にネットで予約しました。

どんなプランを選んだらいいの?

グローバル
WiFi
のウェブサイトを見ると、香港は「香港 4G LTE」「香港 4G LTE 大容量」「香港 4G LTE 超大容量」というプランがあります。

[GlobalWiFi_S]のウェブサイトでプランを選択

それぞれ使える容量は、
「香港 4G LTE」…1日250MB
「香港 4G LTE 大容量」…1日500MB
「香港 4G LTE 超大容量」…1日1GB(1000MB)

容量を選ぶ上で考えた方がいいポイントは、

  • 1人で使うのか、2、3人で一緒に使うのか
    …友達や家族とシェアして使うなら大容量がオススメ
  • メールやメッセージが主か、写真や画像を投稿したいか
    …インスタしたりGoogleマップを使うなら大容量がオススメ

また、グローバル
WiFi
は補償プランも選択できます。

予約時に補償プランも選択できます

わたしは安心のため100%の「安心補償フル」プランを選択しました。

関西国際空港のカウンターで、グローバル
WiFi
のポケットWiFiを受け取ってみた

メリット①: グローバル
WiFi
はサービスがきめ細やか

今回、わたしは関西国際空港を利用したので、関空受け取り・関空返却を選択しました。
受け取りと返却を別々の空港にすることも可能なようです。

ネットで申し込みをした後、すぐに予約確認メールが来ました。
メールに関空での受け取り場所などが書いてあります。

[GlobalWiFi_S]から来た予約確認メール

ちょっとしたことなのですが、1通のメールの中に受け取り場所・返却場所が書いてあるのはけっこう助かります

現地受け取りタイプの格安レンタルWiFiで、予約確認メール内に受け取り場所の記載がなかったことがあるのですが、現地に到着した時にネットがまだ使えないので、ウェブサイトを開いて受け取り場所を確認することもできず、ちょっと困りました。

さて、グローバル
WiFi
は第1ターミナル・第2ターミナルどちらでも受け取り・返却ができます。
わたしが今回利用した第1ターミナルは出発ロビーでも到着ロビーでも受け取りができるのでとても便利でした。わたしは出発ロビー受け取りで申し込みをしました。

関空に到着。4Fの出発ロビーです。

[GlobalWiFi_S]の関空第1ターミナル4F受取りカウンター

メールの中の地図を見て、チェックインカウンターA方向へ行くと、すぐ見つかりました。
KABS 関西エアポートバゲージサービス」と書いてあるカウンターです。

カウンターではパスポート(などの身分証明書)の提示を求められました。名前で探すようです。
受け取りはとてもスムーズでした。名前と利用期間、目的地などを確認して受取り確認書にサインして受け取り完了です。

メリット②: 空港の受け取りカウンターで日本語で質問できるのが安心

今回レンタルした機種は初めて使う機械だったので、使い方などをちょっと聞いてみました。
現地に着いてから電源ボタンを長押しして、電源を入れるだけでいいとのこと。説明書はQRコードを使って見るそうです。

このようなちょっとしたことでも日本語でいろいろ聞けるのが安心ですね。

デメリット: わたしが借りた機種はちょっと重たかった

受け取ったレンタルWiFiセットです。

レンタルWiFiのセット

ポーチの中に充電用のコードや香港型のコンセント用変換プラグなどが入っています。
説明書が見れるというのは左側のQRコードです。説明書はケータイでQRコードを読んだらすぐ開けました。

ルーターの裏側

ルーターを手にとってみると… ちょっと重たい。。わたしのスマホより重いかな…。
渡航先やプランによって機種は違うようなので、あまり参考にならないかもしれませんが、わたしが借りた機種はちょっと重めでした。でも、電池の持ちはけっこう良かったです。

現地到着!さっそくグローバル
WiFi
のレンタルルーターを使ってみた

香港国際空港のバッゲージクレームエリア

香港に到着しました。

メリット③: 使い方は超簡単

まだ空港内を移動中でしたが、早速電源を入れてみました。
使い方は電源ボタンを長押しするだけです。とっても簡単ですね。

ルーターの電源ON

接続中

接続できると「Service Connecting」と書いてあるところに使用量が表示されます。(毎日リセットされて0.0MBに戻りました。)

ルーターの裏にSSIDとパスワードが貼ってある

ルーターの裏にSSIDとWiFiパスワードが書いてあります。ケータイのWiFi設定画面でこのSSIDを選んで、パスワードを入れたら、サクッとつながりました。
1度WiFiのパスワードを入れれば、2回目以降はルーターの電源を入れるだけで自動でつながります。

飛行機を降りてすぐにインターネットが使えたので、とても安心でした。

メリット④: 接続や通信速度も問題なし

観光中に、付近にある口コミで評判のいいレストランを探したり、Googleマップを見たりと、とても便利に使えました。インスタも使っていて気になることは特にありませんでした。

ほとんど一日中ホテルに帰るまでつけっぱなしにしていたんですが、電池はけっこうよく持って、2日に一回くらいの充電で大丈夫でした。ちょっと重たいだけあって、電池が大きいのかなという印象です。

泊まったホテルでも無料WiFiが提供されていたんですが、部屋の中でも位置によってWiFiの電波が弱くて接続がブツブツ切れるので、グローバル
WiFi
が役に立ちました。

関西国際空港の返却ボックスにレンタルWiFiを返却

あっという間に時間は過ぎ、最終日。
飛行機が3時間ぐらい遅れ、関空に到着したのは22時過ぎ。荷物を取って出て来たら、もう23時前でした。

さて、返却場所は…

予約確認メール内の返却場所地図

到着口のすぐ前ですね。

23時前ですから、もうカウンターが閉まっていました。写真とちょっと感じが違ったので、一瞬キョロキョロしてしまいました。

[GlobalWiFi_S]の関空第1ターミナル1F到着ロビーカウンター

カウンター終了後でも返却ボックスに返せるとのことです。

返却ボックスは…

返却BOX

カウンターの左下にありました。
返却ボックスの中にレンタルWiFiのセットを入れて、レンタル終了です!

2日後、「返却を確認させていただきました。」というメールが届きました。

まとめ: グローバル
WiFi
は安定感・安心感がある

旅行期間全体を通して、接続に関してはまったく問題ありませんでした。
毎日ホテルから出発するときに電源を入れて、そのまま使いたいときに使えたのがとても便利でした。

旅行中ずっとインターネットが使えて快適でしたし、何よりも日本語でのサポートや説明があることが安心だと感じました。

インターネット環境を探す手間を省きたい忙しい方や、不要な不安を少しでも軽くして快適に旅行したい、と思う人にはとてもオススメだと思います。

容量無制限って必要?

グローバル
WiFi
には1日あたりの容量に応じて250MB・500MB・1GBの3種類のプランがあります。

他社には容量無制限というプランもありますが、通常の使い方では1日200~300MBあれば十分、1GB以上使うことはほぼあり得ないので、グループ旅行でなければ容量無制限は必要いと思います。

ただ、旅行中に外出先でYouTubeを見るのだけは控えめにした方が良さそうです