【完全無料】海外旅行保険がゼロ円になる裏技!?

アンコールワット観光に行ってきた!アンコール遺跡群を徹底ガイド

海外旅行保険がゼロ円になるカード?
EPOSカード
EPOSカードは、
ゴールドカード以上の補償額の海外旅行保険が無料
旅行保険の付帯条件なし
しかも年会費完全無料
と、海外旅行好きには超オトクなカード。
海外旅行に行くなら絶対に持っておきたい1枚です。
イチオシ!【最短即日発行!】海外旅行にエポスカードが断然オススメな7つの理由


その神秘的な魅力で多くの旅人を惹き付ける、アンコール・ワット。

ボランティアでカンボジアにしばらく滞在していた私も、休暇を利用してアンコール遺跡群の観光に行ってきました。

この記事では、アンコール・ワットと周辺遺跡群の魅力を余すところなくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

アンコール・ワットの歴史を簡単に

アンコール・ワットは、今から1000年ほど前にカンボジアを治めていたアンコール王朝(クメール王朝)が、12世紀前半に30年もの時間をかけて建造した、とても歴史のある遺跡です。

アンコール・ワットはカンボジア北西部のシェムリアップに位置しており、1992年にユネスコ世界遺産に登録されました。

ガジュマルの巨木が遺跡を呑み込みつつある

カンボジア内戦による破壊や、過酷な気候による風化が激しく、1992年の登録当初は「危機遺産」としても登録されましたが、その後保存・修復が進められ、2004年には危機遺産指定を解除されています。

アンコール遺跡の修復には、資金と技術の両面から日本も大きな役割を果たしています。

アンコール・ワットの歴史が分かる本

見所や重要なポイントだけでなく、歴史的背景、遺跡の構造などが詳細に読みやすくまとまっているので、アンコール・ワット観光を十分に楽しむのにオススメの1冊です。

観光のベストシーズンは?

カンボジアは熱帯モンスーン気候地域に属し、1年を通して高温多湿の気候が続きます。

カンボジアの雨季は、雨の降り方が激しい上に、道路もすぐに泥だらけになったり冠水したりするため、なかなか行程通りに動けない可能性があります。

カンボジアの雨季は観光には不向き

それで、アンコール・ワット観光には、まだ比較的涼しく雨の少ない乾季(11月~3月ごろ)がベストシーズンです。

アンコール・ワット観光に適した時期は?
12月~1月 乾季 雨も少なく、平均気温も25℃以下で動きやすい
2月 乾季 気温が上がり始めるが、雨が少ないので行動に制限が少ない
3月~4月 乾季~雨季 気温がかなり高いので、体力の消耗に注意
5月 6月 7月 雨季 雨も多く、気温も高いので観光には不向き
8月 雨季 雨季の中休み、比較的晴れる日が多いかも
9月~10月 雨季 かなり強い雨が降り行動が制限される
11月 乾季 気温はまだ高いが比較的行動しやすい

アンコール・ワット観光に適した服装

日差しが強いので露出の多い服装は避けた方が安心です

アンコール・ワットのあるシェムリアップでは、どの季節でも日差しはかなり強いので、男性女性を問わずあまり肌を露出しない服装が良いでしょう。

半袖のTシャツやポロシャツなどに、薄手の羽織るものを持っていくのがお勧めです。

アンコール・ワット観光の費用

プレループ寺院

アンコール・ワット観光を個人で手配する場合、アンコール・ワット見学そのものにかかる費用は、1人1日あたり6000円程度を見込んでおけばいいと思います。

象乗り体験などアトラクションの費用は含まれていません。
アンコール・ワット観光にかかる費用
(1日・小回りルートの場合)
現地までの交通費 約1000円
入場料 約4000円
ガイド料
(1グループあたり)
約1500円
合計 約6500円

その他には、シェムリアップまでの交通費と、宿泊費がかかりますね。

時期によって航空券やホテル代はかなり変動するため、ざっくりとした予算ですが、節約派の方なら総額10万円以内に収めることも十分できると思います。

航空券やホテル、ツアーの情報はこの後で詳しくお伝えします。

日数とモデルプラン

アンコール・ワットから見る朝日

アンコール・ワット観光を中心として旅程を組むなら、4泊5日の日程がオススメです。

移動日を除いた3日間で、アンコール・ワットとその周辺の遺跡群をしっかりと見て回ることができますよ。

4泊5日のモデルプラン
1日目 シェムリアップへ
2日目 アンコール・ワット「小回りルート」
3日目 アンコール・ワット「大回りルート」
4日目 「ベン・メリア」など郊外の遺跡観光
5日目 帰国
「小回りルート」「大回りルート」については後で詳しく紹介しています。

日程に余裕があれば、もう1日追加して「トンレサップ湖の水上村」などを見ることもできますね。 

トンレサップ湖の水上村

女子一人旅でも大丈夫?

アンコール・トム遺跡

カンボジアは比較的治安のよい国ですが、アンコール・ワット周辺は観光地ということもあって、ぼったくりやスリなどの被害はゼロではありません

また、アンコール遺跡観光はガイドと行動することが多いため、女性の一人旅は信頼できるガイドを選ぶことが絶対に大切です。

日本で申し込めるガイド付きの、一人でも参加可能なツアーなどを利用すると安心ですね。

英語は通じる?

遺跡の周辺には子どもの物売りも

アンコール・ワットは世界各国からの観光客が訪れる観光地なので、ドライバーやガイドはほぼ全員、簡単な英語でコミュニケーションできます。

売店などの従業員の中には若干、英語が得意でない人もいますが、買い物ぐらいなら基本的にはどこでも大丈夫です。

アンコール・ワットへの行き方

By NordNordWest – own work, usingUnited States National Imagery and Mapping Agency dataWorld Data Base II dataMap by LICADHODetailed map by LICADHO, CC 表示-継承 3.0, Link

アンコール・ワット(アンコール遺跡群)は、カンボジア北西部にあるシェムリアップにあります。

日本各地から経由便でシェムリアップに入ることができますが、乗り継ぎ時間を含めて7時間~12時間ほどで到着できます。

シェムリアップゆき航空券の買い方

羽田・成田から

  • 中国東方航空(上海経由):価格が安いことが多いです。羽田発・成田発ともに設定があり、同日中にシェムリアップに到着できます。
  • ベトナム航空(ハノイ経由):当日の夜早めの時間に到着できます。
  • キャセイパシフィック(羽田発・香港経由):羽田01:00発とハードな日程ですが、午前中にシェムリアップに到着するので、その日のうちに観光できます。

関西空港から

  • 中国南方航空(広州経由):価格安め。当日の夕方にはシェムリアップに到着できます。
  • 中国東方航空(上海経由):こちらも価格安め。中国南方航空より到着時刻が遅いですが、同日中には到着できます。
  • JAL(バンコク経由):関空発00:40なので、仕事帰りに関空に向かって、翌日の午前中にはシェムリアップに到着できます。ただし、バンコクからは他社便に乗り換えになります。

中部セントレアから

  • 中国東方航空(上海経由):価格安め。出発日当日にシェムリアップに到着できます。
  • ベトナム航空(ハノイ経由):シェムリアップに夜早めに到着するので安心です。

福岡・札幌・那覇から

  • 福岡発ベトナム航空(ハノイ経由):出発日当日の夜の早い時間帯に到着できます。
  • 福岡発シンガポール航空(シンガポール経由):サービスのレベルが高く、比較的ストレスが少なく移動できます。
  • 福岡発アシアナ航空(ソウル経由)などにも出発日当日に到着できる乗り継ぎダイヤがあります。
  • 新千歳発大韓航空(ソウル経由):出発日当日のうちに到着できます。
  • 新千歳発JAL便(羽田・バンコク経由):乗り換えが2回になりますが、乗り換えが比較的スムーズなのでその日のうちに到着できます。(※バンコクからは他社便です)
  • 那覇発アシアナ航空(ソウル経由):出発日当日に到着できます。
  • 那覇発中国東方航空(上海経由):こちらも出発日当日に到着できます。
シェムリアップゆき格安航空券の検索

タイ・ベトナムからシェムリアップへ

タイ・ベトナム方面に長期の旅行を考えているなら、途中でアンコール・ワットへ小旅行を計画してみるのもいいですね。

タイ・バンコクからアンコール・ワットのあるシェムリアップまでは飛行機で約1時間、スワンナプーム国際空港、ドンムアン空港からそれぞれ直行便が就航しています。

ベトナムからシェムリアップまで飛行機で行くと、ホーチミン発なら1時間、ハノイ発なら約2時間のフライトになります(どちらも直行便)。

タイ(バンコク)からシェムリアップへの就航会社
  • スワンナプーム国際空港:
    タイ・スマイル航空、バンコク・エアウェイズ
  • ドンムアン空港:
    エア・アジア
ベトナムからシェムリアップへの就航会社
  • ハノイ:
    ベトナム航空、ベトジェットエア
  • ホーチミン:
    ベトナム航空、カンボジア・アンコール航空

アンコール・ワットにビザは必要?

アンコール・ワットのあるカンボジアは、入国にビザ(査証)が必要です。

ただ、カンボジアのビザ取得には事前の申請などは必要なく、到着した空港でビザ(アライバルビザ)を取ることが可能です。

ビザ料金は30US$(約3,300円)をその場で支払います。

オンラインで申請可能な「e-VISA」という制度もありますが、料金が36ドルと高く、特にメリットもないので無理に挑戦する必要はないと思います。

シェムリアップ市内からアンコール・ワットへ

シェムリアップ市内からアンコール遺跡までの道路

アンコール・ワットはシェムリアップ市内から北へ距離にして約10kmほど離れた、ジャングルの奥深くにあります。

シェムリアップ空港・シェムリアップ市街・アンコール・ワットの位置関係

アンコール・ワットまでの道路はきちんと整備されていて、シェムリアップ中心部からトゥクトゥク(3輪タクシー)などで20分程度です。

シェムリアップのトゥクトゥク

バイクタクシーは安全?

シェムリアップのバイク事情

シェムリアップで多くの地元の人に利用されているのが、バイクタクシーです。

渋滞にも強く非常に便利な乗りものなので、私も東南アジア一人旅の時は利用することがあります。

ですが、カンボジアはバイクの事故が多く、日よけがないので観光で長時間乗るとかなり暑いこともあって、正直なところあまりお勧めはできないと感じました。

乗用車のタクシーはチャーターが多い

シェムリアップに流しの乗用車タクシーはほとんど走っていないので、空港やホテルでチャーターする形が一般的です。

タクシーをチャーターするなら1日単位で契約するのがオススメです。

アンコール・ワットのツアー

アンコール・ワット観光は、交通手段や広いエリアに点在する遺跡を回ることを考えるとガイド付きツアーを選ぶのがオススメです。

日本から出発するツアー

日本から出発するツアーは、飛行機・宿泊・入場券・ガイドまでが全てパックになっていて、旅行にまつわる全ての面倒を見てくれるのが一番のメリットですね。

価格も、シーズンや宿泊先ホテルのグレードにもよりますが、全てを個別に手配するよりも安くなったりすることもありますよ。

現地で交渉するトゥクトゥク個人ツアー

AngkorWat03

個人旅行で、ある程度英語のガイドでも大丈夫、という方にオススメなのが現地のトゥクトゥク個人ツアー。

シェムリアップには、ツアーガイドの資格を持ったトゥクトゥクドライバーが多くいます。

上の写真のドライバーが着ている黄色のベストが目印です。

その場で交渉すれば、1人あたりUS$10~(コースによる)と非常に安くガイド付き個人ツアーを楽しむことができます。

観光に便利なおすすめホテル

アンコール・ワットのあるシェムリアップには、1泊1,000円以下のホステルから高級リゾートホテルまで、多くのホテルが揃っています。

評判の良いオススメホテルを、予算に応じてピックアップしてみました。

格安ホステル(1泊1,000円以下)

Oops Hostel

  • 立地:★★★★★|シェムリアップの中心街、PUB STREETにも近く、アンコール・ワットツアーの参加にも便利。
  • 部屋:★★☆☆☆|男女兼用と女性専用ドミトリー(相部屋)が中心のホステル。ダブルルームも数室あり。
  • コスパ:★★★★★|1泊1,000円以下なのに、スタッフの対応が高評価なのがポイント。日本語の話せるスタッフも常駐している。
  • Booking.com
  • エクスペディア

エコノミーホテル(1泊10,000円以下)

アンコール パレス リゾート アンド スパ

  • 立地:★★★☆☆|シェムリアップ空港よりの、街からやや外れた場所にあるため、PUB STREETなどに行くにはトゥクトゥクが便利。
  • 部屋:★★★☆☆|やや古さは感じるものの広めの部屋で、清掃も行き届いていると評判。
  • コスパ:★★★★☆|1泊10,000円程度の手頃なリゾートホテル。遺跡巡り中心の方にオススメ。
  • Booking.com
  • エクスペディア

中級ホテル(1泊10,000円~20,000円)

メリディアン アンコール

  • 立地:★★★★☆|アンコール・ワットの目の前に位置するホテル。シェムリアップ中心街からは少し離れているので、PUB STREETなどに行くにはトゥクトゥクに乗ると便利。
  • 部屋:★★★★☆| 部屋は静かで清潔、広さもあり快適に過ごせる。
  • コスパ:★★★★☆|日本人に人気の5つ星ホテル、日本人スタッフが常駐していてサービスレベルの高さには定評あり。
  • Booking.com
  • エクスペディア
  • Agoda

高級ホテル(1泊20,000円以上)

ソフィテル アンコール ポキットラー ゴルフ&スパリゾート

  • 立地★★★★☆:シェムリアップ中心街からアンコール・ワットのちょうど中間地点にある高級リゾートホテル。PUB STREETなど中心街へはトゥクトゥク移動となる。
  • 部屋:★★★★☆| 部屋はほどほどの広さできれいに清掃されている。客層がアッパークラスなこともあって館内が静か。
  • コスパ:★★★☆☆|よい意味で「カンボジアらしくない」静けさと高級感、食事の美味しさが評判の欧米系ホテル。アンコール・ワット観光に集中して、宿ではしっかり疲れを取りたい方にオススメ。
  • Booking.com
  • エクスペディア
  • Agoda

アンコール・ワットの入場料

アンコール遺跡の見学には入場券が必要です。

アンコール遺跡の入場料 2018年
券種 料金 日本円
1日券 US$37 約4,100円
3日券 US$62 約6,900円
7日券 US$72 約8,000円
アンコール遺跡群の入場料は2017年2月から値上げされて上記の値段になっています。一部のブログやガイドブックでは値上げ前の古い情報が載っている場合があるので注意してください。
アンコール遺跡群の入場料に子ども料金の設定はありませんが、12歳未満の子どもは無料で入場できます。(パスポートの提示が必要)

2017年8月からクレジットカードが利用可能に

出典:公式サイトより

アンコール遺跡群の入場券売り場では、2017年8月よりクレジットカード払いに対応しています。

利用可能なクレジットカードはVisa, Mastercard, JCB, Dinersの他に中国銀聯などにも対応していますが、AMEXには対応していないようです。

入場券は顔写真入り

チケットには本人の写真が入るので他の人に譲ったりすることはできません。

アンコール・ワットに入る際、入場券が必要なのは外国人だけで、カンボジア人は無料で入場できます。

このチケットで、アンコール遺跡群のどれでも入る事ができます。

シェムリアップ郊外にある、プノン・クーレン、コ・ケー、ベン・メリアの各遺跡は別料金(それぞれUS$20、US$10、US$5)となっています。

入場券はどこで購入する?

ShutterStock

アンコール遺跡群の入場券は、アンコール・ワットの手前にあるチケットオフィスで購入します。

アンコール・ワット単体での入場券は発売されておらず、アンコール遺跡群全体での入場券しかないため、アンコール・ワットに直接行っても入場券は購入できないのだそうです。

アンコール・ワットに行ってきた!

アンコール遺跡群は東京23区とほぼ同じ面積を持つ、広大な遺跡群です。

実のところ、アンコール・ワットは「アンコール遺跡群」の一部でしかないんです。

アンコール遺跡群をディズニーランドだとすると、アンコール・ワットはその中の1つのアトラクション、ということになります。

3日券を買って、アンコール遺跡をしっかり周る人が多いのも納得です。

小回りルート「スモールツアー」

今回は、アンコール遺跡ツアーのうち「スモールツアー」と呼ばれる小回りルートを実際に回った様子をご紹介します。

今回私は、貸し切りトゥクトゥク(ガイド付き)でルートを回りましたが、「スモールツアー」と言えばあとはベストなルートで案内してくれて、とても楽チンでした。

午前:バイヨン(アンコール・トム)

チケットを購入して、まず向かったのは、アンコール・トムの中央あたりにあるバイヨン遺跡です。

仏教とヒンズー教の混合寺院であるバイヨンは、上の写真のような四面像で有名です。

アンコール・ワットが後回しなのはなぜ?
実は、午前中のアンコール・ワットの景色は逆光になってしまい、思ったほどきれいには見えません。
アンコール・ワットを見るなら早起きして日の出前に行くか、夕陽が沈む頃に立ち寄るのがベストなんです。
人が多い時はゾウに乗って見学するのもアリ

バイヨンでは朝10時までの早朝限定でゾウに乗ることができます(1周約30分)。
混んでいると遺跡がなかなか見れないことがありますが、ゾウの上からならよく見える、という意外なメリットもありますよ。

タ・プローム

タ・プロームはアンコール遺跡の中でも日本人にも人気が高いスポットです。

この遺跡は、2001年の映画「トゥーム・レイダー」の撮影が行われたことでもよく知られています。

19世紀にフランスの博物学者によって発見されるまで、タ・プロームは約700年間放置されていたため、遺跡のいたるところにガジュマルの気根が絡みついています。

現在、インド政府が中心になってこのタ・プローム遺跡の修復工事を行われていますが、邪魔なガジュマルの根を取り除くかもしれないと地元では噂されています。

もしかしたらこの光景が見られるのも今のうちかもしれません。

アンコール・ワット

タ・プロームを見た後は、アンコール・ワットに戻り、湖面に映る「逆さアンコール・ワット」を見ます。

アンコール・ワットはお墓の遺跡で、位が高い人ほど、建物の高い所に埋葬されるそうです。

また、遺跡の壁にはクメール王国の歴史が刻まれており、近隣のタイやベトナムとの戦争などが記録されているようです。

ちょっと寄り道:ラピュタのモデル?ベン・メリア遺跡

ちなみに、ラピュタのモデルになったと言われている「ベン・メリア遺跡」は、アンコール・ワットから約40km離れたところにあります。
アンコール・ワットとベン・メリアを1日のうちに回ることはかなり難しいので、ベン・メリアに行きたい場合は、もう一日分の日程の余裕を見ておくことをおすすめします。

絶景!プノン・バケンからの夕陽

夕暮れ前に急いでアンコール・ワットを後にし、夕陽がとても美しいと言われるプノン・バケン寺院(バケン山)へ移動します。

山頂までは、徒歩で登る必要があるので、日中の観光で体力を使い果たしてしまわないように、上手にペース調節ができるといいですね。

山頂の遺跡の階段も急勾配なので、係員が登る人数を制限しています。

ここは非常に人気のスポットで、非常に大勢の人が、カメラを構えて日が沈む瞬間を撮影していました。

まだまだ自然の多いカンボジアで、この絶景を見て、感動してしまいました。

これでアンコール遺跡小回りコースの1日が終了しました。

アンコール・ワットのベストシーズンはもうすぐスタート!

アンコール・ワット旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました。

カンボジアは11月から始まる乾季が、観光のベストシーズンです。

是非、アンコール・ワット遺跡を見て感動を味わってみてください。

アンコール・ワット観光にはレンタルWiFiが便利です

カンボジアのWiFi おすすめはレンタル!各社の格安プランを徹底比較
カンボジア旅行中、LINEやインスタ、地図アプリがいつでもどこでも自分のiPhoneやスマホで使えればすごくいいですよね。 今日はカンボジアのリピーターたちが「カンボジアでスマホを使うなら必須」とまで言う格安レンタルWiFiと、カ...