2017年 台湾のレンタルWiFiおすすめは快適4Gプラン!料金とメリットを徹底比較してみました

台湾旅行に、1台あると非常に心強いのが、レンタル海外WiFiルーターです。

これまで台湾に何度も通っている私も、とても重宝していますよ。

そこで、台湾向け海外レンタルWiFiの代表的なプランの料金や利用方法、口コミ、使い勝手などを実際に使って比較してみました。

台湾の無料WiFi事情

でも最近は、台湾でも空港やカフェに無料のWi-Fiスポットがあるって聞いたし、ホテルのWi-Fiもあるから、フリーWi-Fiだけでも旅行できるのかなぁ…?

そうですね、最近では桃園国際空港や、台北周辺のホテル、カフェ、ファストフード店、ショッピングモールなどでフリーWi-Fiスポット(無料のワイファイを使ってインターネットにつなげる場所)があることは珍しくなくなりました。

では、まずは台湾旅行でフリー(無料)Wi-Fiはどのぐらい使えるのか、台湾の公衆Wi-Fi事情をご紹介しますね。

台湾の無料Wi-Fiスポットと言えば「Taipei Free」

台湾では、台北市内に「Taipei Free」という無料の公衆WiFiが整備されています。

他にも「iTaiwan」「iBon WiFi」など、無料で利用できるWi-Fiスポットがたくさんあるんです。

台北市内で使うなら:Taipei Free

利用可能エリア:台北MRTの一部駅や台北市内の幹線道路沿い

  1. Taipei Freeの公式サイト(日本語)から「無料アカウントの申請」をタップし、必要事項(国、日本の携帯電話番号、パスワード、メールアドレス)を入力して登録します。
  2. 台北市内で「TPE-Free」または「TPE-Free_CHT」「TPE-Free Bus」などを見つけたら、ID(日本の携帯電話番号)とアカウントを申請した時に登録したパスワードを入力して利用を開始します。

台北市以外でも使うなら:iTaiwan

利用可能エリア:桃園国際空港など台湾各地

  1. 空港のiTaiwanカウンターで、パスポートを提示して登録します。
  2. iTaiwanスポットを見つけたら、パスポート番号と生年月日(数字8桁)を入力して利用を開始します。

登録不要:TPE-Free AD WiFi

利用可能エリア:台北MRTの一部駅

  1. MRT駅でSSID「TPE-Free AD WiFi」を探します。
  2. 画面の案内(中国語)に従って操作すると30分間無料で利用できます。

ほとんどのホテルが無線LAN(Wi-Fi)完備

また、外国人旅行者が泊まるような台湾のホテルはほぼ全てWi-Fi完備です。

ホテルのWi-Fiは速度も十分出ることが多いので、大きなファイルなどはホテルに戻ってから送受信するとレンタルWiFiの容量を節約できますね。

Taipei Freeなど無料Wi-Fiスポットの弱点

台北市内のカフェ

このように、台湾の無料Wi-Fiスポットの数はかなり多いのですが、問題はWi-Fiスポットのエリアが狭いことと、速度が遅いこと。

台湾の無料WiFi利用者の口コミ

* コンビニや新幹線の休憩室の無料wifiは時間制限があって不便でした。

* 無料ワイファイのネット状況が不安定でした。(桃園空港)

* 空港のワイハイは接続方法が面倒で、繋がっても時間制限があるため不便に感じました。

* スターバックスのWiFiは英語のみで登録が難しかった。

うーん、台湾のフリーWiFiが無料なのはうれしいけど、面倒で使いにくそうだし、特にやっぱりセキュリティが不安かな…

レンタルWiFi+Taipei Freeなどの利用がオススメ

ということで、私のオススメは、レンタルWiFiをメインにして、「Taipei Free」などのフリーWi-Fiにも登録しておくという方法。

桃園空港

レンタルWiFiを持っていれば、無料Wi-Fiスポットのないような場所でもスマホが使えて安心ですね。

台湾のレンタルWiFi料金を徹底比較!

ここからは、台湾向けにレンタルWiFiを提供している、主要な5社の料金を比較していきたいと思います。

台湾向けレンタルWiFi会社
Wi-HO!
海外専用グローバルWiFi(Global WiFi)
海外WiFiのエクスモバイル(XMobile)
台湾データ
GLOBALDATA(イモトのWiFi)

基本料金はWi-HO!が安い

各社の台湾向けレンタルWiFiの基本料金を比べてみたところ、Wi-HO!高速4Gプランが1日あたり590円で最安値でした。

台湾 レンタルWiFiの基本料金

最安
Wi-HO!
高速4G
590円/日成田羽田
関空

2位
台湾データ
高速4G超大容量
690円/日成田関空
中部

3位
XMobile
高速4G
750円/日成田羽田
関空中部
福岡千歳

1日590円なら海外パケ放題よりぜんぜん安いし、今回のタイ旅行は安心のためにレンタルWiFiやってみようかな。

次のページでは…

  1. レンタルWiFiの速度
  2. レンタルWiFiの容量
  3. グループでシェアできる?
  4. オプションは何を付けたらいい?
  5. 予備バッテリーは必要?
  6. どこの空港で受け取れる?
  7. 自宅で受け取りできる?
  8. 他の国も一緒に周る時は?
  9. 長期レンタルはどこが安い?

台湾旅行がストレスフリーになる魔法のカード

デルタアメックスゴールドチャイナエアラインなど、スカイチーム系航空会社の利用が多い私が手放せないのが、デルタ・アメックス・ゴールドカードです。
優先チェックインVIPラウンジ優先搭乗追加手荷物無料足元の広い席を優先割り当て、など充実した特典で長旅のストレスが軽減するのを実感しています。
オススメエコノミークラスでも自動アップグレードで空港ラウンジ利用・優先搭乗がOKになるデルタアメックスゴールド