2017年 台湾のレンタルWiFiは旅行に”超”便利!ネットがサクサク快適な高速4Gプランを徹底比較してみました

Jiufen Streetscape - 09台湾旅行に、1台あると非常に心強いのが、レンタル海外WiFiルーターです。

日本でポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)をレンタルして出かければ、台湾旅行中でも日本と同じようにスマホやiPhoneでネットが使えますよ。

台湾向け海外レンタルWiFiの代表的なプランの料金や利用方法、口コミ、電波状況などを比較してみました。

台湾WiFi事情

台湾旅行でフリー(無料)Wi-Fiはどのぐらい使えるかについて、まずはこのあたりの事情から解説していきたいと思います。

台北のTaipei Free、台湾全土のiTaiwanが代表的な無料Wi-Fiスポット

台湾は無料Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)がかなり整備されている国として知られています。

台湾全土を網羅しているiTaiwan、台北市のTaipei Free、セブンイレブンのiBon WiFiなど無料Wi-Fiスポットは数千ヶ所にもなります。

また、台湾のカフェチェーン各社も無料Wi-Fiを提供しています。

ただし、スターバックスやマクドナルドの無料Wi-Fiの利用には現地の携帯電話番号が必要なので、日本人旅行者が使うのにはハードルが高いです。

他に、桃園空港などには登録不要で利用できる、旅行者向け無料Wi-Fiも提供されています。

ほとんどのホテルが無線LAN(Wi-Fi)完備

私もこれまで何度も台湾に行っていますが、外国人旅行者が泊まるようなホテルは間違いなくほぼ全てWi-Fi完備になっています。

ホテルのWi-Fiは速度も十分出ることが多いので、大きなファイルなどはホテルに戻ってから送受信するとレンタルWiFiの容量を節約できますね。

無料Wi-Fiスポットの弱点

このように、台湾の無料Wi-Fiスポットの数はかなり多いのですが、問題はWi-Fiスポットのエリアが狭いことと、速度が遅いこと。

台北市内のカフェ

こうした無料Wi-Fiは、施設から少しでも離れると電波が弱くなるので、移動しながらの利用には向いていません

また、無料Wi-Fiは速度が遅いことが多く、メールやLINEの送受信以外の利用ではストレスを感じることも少なくありません。

レンタルWiFi+無料Wi-Fiスポットの利用がオススメ

ということで、私のオススメは、レンタルWiFiをメインにして、上記のフリーWi-Fiにも登録しておくという方法。

桃園空港

これなら、無料Wi-Fiスポットのないような場所でもスマホが使えるので安心です。

また、レンタルWiFiのバッテリー切れや容量オーバーなど、もしもの時には無料Wi-Fiが利用できるので、調べ物をしたり助けを求めたりできますよね。

台湾の無料Wi-Fi利用方法

①(台北市内の無料Wi-Fi)Taipei Free
1. Taipei Freeの公式サイト(日本語)を開きます。
2. 「無料アカウントの申請」をタップします。
3. 必要事項を入力して登録します。
4. 台北市内のTaipei Freeスポットに到着したら、「TPE-Free」または「TPE-Free_CHT」を探します。
5. 初期登録時に設定したIDとパスワードを入力して利用を開始します。

②(台中・台南・高雄など台湾全土の無料Wi-Fi)iTaiwan
1. 空港に到着したらiTaiwanの登録カウンターに行きます。
2. パスポートを提示して「アイタイワン」と言うと手続きしてくれます。
3. iTaiwanスポットに到着したら、「iTaiwan」を探します。
4. 2つの入力欄があるので、上段にパスポート番号、下段に生年月日を数字8桁で入力して利用を開始します。

ということで、ここからは台湾向けWiFiレンタルサービスを提供している各社のうち、代表的な4社のプランの料金を比較してみたいと思います。