【ファミリーマート】イーネットATMが2月1日から銀聯カードに対応していた!

最近では銀聯カード等の海外発行カードが使えるコンビニATMが増えてきましたが、ファミリーマートなどに設置されているE-net(イーネット)ATMはこれまで銀聯カードに対応していないと思っていました。しかし、イーネットATMも銀聯カードへの対応を始めたようです。

中国のニュースを見ていたらE-netの広告が

最近は中国のニュースを見ることを日課にしているのですが、その時に表示された広告におや?と思いました。

img01

銀聯カードのことばかり検索しているので、広告のターゲットにされたのでしょうか?それとも春節期間でちょうど広告を出稿していたのか、正確なところは分かりませんが、しっかりと広告をクリックしてしまいました(^^;

2月1日から銀聯カードに対応したイーネットATM

そもそもイーネットは銀聯カードに対応していないと思ったけど…とちょっと調べてみたら、こんな報道資料を見つけました。

(PDF)イーネット ATM で海外発行カードの利用開始 2 月 1 日より銀聯カードで日本円の引き出しが可能に!

本来、今春から対応予定だったものが、春節休みを利用して日本に旅行に訪れる中国人観光客の利便性を図るため、前倒しで2月1日リリースにしたとのこと。

3ヶ月近く前倒しでのリリース、システム屋さんはかなり大変だったのではないか、とつい同情してしまいます(--;

全ATMが対応してはいないので要注意

報道資料によれば、下の写真と同じタイプの新型ATMが銀聯カードに対応するとのことです。

mainvis_13

全てのイーネットATMが対応しているのではないことに注意が必要ですね。対応しているATMはこちらから検索できます。

ATMは中国語、英語、韓国語、日本語対応

ATM 操作画面は、中国語(簡体字)、英語、韓国語、日本語に対応しているため、中国人観光客も自分で操作できるのは良いことですね。

中国のネット広告に出稿していることからも、かなり力を入れたリリースなことが伺えます。

ATM手数料は無料

気になるATM手数料ですが、問い合わせたところイーネットでは手数料を徴収していないとのことでした。

この春(2016 年 4 月下旬)からはVISA、PLUS、VISA ELECTRON、MasterCard、Cirrus、Maestro、JCB の取り扱いも開始されるイーネットATM。

ますます海外からのお客様に便利になってくるのはいいことですね^^

中国・台湾旅行の強い味方「デルタアメックスゴールド」

中国東方航空・南方航空・チャイナエアラインなどスカイチーム系の利用が多い私が手放せないのが、《デルタ・アメックス・ゴールド》カードです。

デルタアメックスゴールドには優先チェックインビジネスクラスラウンジ利用、優先搭乗足元の広い席の優先割り当てなど、出張のストレスを軽減してくれる特典が非常に充実しています。

最近の私の課題は中国出張のストレス軽減。ある日のこと、「デルタアメックスゴールド」というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ABC より:

    イーネットもかかりますよ、75円です。