中国旅行 出張でgmail Facebook規制を回避する方法(海外ローミング編)

中国旅行での大きな悩みの一つは、中国のインターネット規制。日本では当たり前のように使っているメールやSNSが、中国ではなぜか使えないのです。旅行中にgmailやLineなどが使えないとけっこう不便です。
短期の中国旅行・出張でこの規制を回避できる海外ローミングについてまとめてみました。

中国のインターネット規制(GFW)とは?

中国は、いくつかのインターネットサービスが利用できないよう制限されています。その理由は不明ですが(政治的なものとも、国内企業保護のためとも言われています)。この制限のことを、GFW、金盾などと呼ぶようです。

Gmail,YouTube,Line,FaceBook,Twitterが使えない、接続できない、繋がらない

制限の詳細は公開されていませんが、Gmail,Google+,Youtube,Line,FaceBook,Twitter,ニコニコ動画,各種ブログサービスなどが制限対象になっている(参考:Wikipedia)ので、旅行先でもメールチェックしたり、ブログを見たり(更新したり)しようとすると接続できないことが多く、かなり不便を感じることも事実です。

「上に政策あれば下に対策あり」、GFWを回避する方法は色々

ただ、そこは「上に政策あれば下に対策あり(上有政策下有对策)」の中国、いろいろと規制回避の方法はあります。

この規制回避のことを中国語では「翻墙(壁超え)」と言います。

回避方法は主に以下の3種類です。もっとマニアックな方法もありますがここはそういうサイトではないので割愛。

海外ローミング(この記事で)

費用がそれなりにかかるため長期間の滞在には向きませんが、手間もかからず、間違いなく規制を回避できるため短期の旅行者・出張者には一押しの方法です。

プロキシ(プロクシ)

匿名の中継サーバーを経由することで、規制を回避しようとする方法です。

費用がかからないことが多く、手軽な方法ですが、中継が見破られることもあり、万全ではありません。

また、身元が怪しい中継サーバーを使うと、犯罪者に通信内容を盗み見られる危険もありますので注意が必要です、

VPN

匿名+暗号化された中継サーバーを経由することで、規制を回避する方法です。

若干の費用が必要なことが多いですが低額のことが多い(月1000円前後)ため、長期滞在にも活用できます。

ただし、上記のプロキシと同様、中継が見破られることや、身元の怪しい中継サーバーに盗み見されるリスクがあります。

プロキシ、VPN使用時の注意点

インターネット上では、手軽なGFW対策として無料のVPNを利用する方法が紹介されていますが、身元のよく分からない無料VPNを使うことは非常に危険です。

通信内容がのぞき見られ、個人情報などが悪用される心配があります。

VPNを使う場合、運営元の身元がはっきりしている国内会社の有料VPNを使うことを強く勧めます。

ローミング(海外ローミング・国際ローミング)とは

「海外ローミング(国際ローミング)」とは、

A国で契約した携帯電話・スマホ・タブレット・ルーター等(SIM) を、B国で使うこと

です。この記事の場合、

中国外(日本や香港など)で契約した携帯電話・スマホ・タブレット・ルーター等(SIM) を、中国で使うこと

となります。

この海外ローミング(国際ローミング)を使うと、中国のインターネット規制を受けないことが知られています。

この海外ローミング、日本在住の方に限定すると、 概ね以下の2つの方法になります。

  1. [超初心者向け・高額]Docomo/au/Softbankの「海外パケ・ホーダイ」プラン
  2. [少し面倒・低額]SIMフリースマートフォン+中国聯通香港のデータSIM

もし少しでも手軽に、数日間だけでしたら、(1)の「海外パケ・ホーダイ」が非常に便利です。

少しでも費用を節約したい方、これから定期的に中国に短期出張・旅行に行かれる方には、(2)のSIMフリースマートフォン+中国連通香港のSIMをオススメします。

<初心者向け>「海外パケ・ホーダイ」などの海外ローミングプラン

Docomo / au / Softbank / Y!mobile各社のスマートフォンでは、海外でもデータ通信を行うことができます。費用は各社横並びの1日2,980円(2015年11月現在)です。2泊3日程度の旅行なら、このプランでもそれほど大きな出費ではないですね。

ただ、毎日使っているとかなりの料金になるので、使わない日は「モバイルデータ通信をオフ」にするなどして節約するといいでしょう。

普段使っているスマホ・タブレットをそのまま使えるというのは非常に大きなメリットです。機械の操作に自信のない方には十分利用価値がある方法です。

各携帯会社の海外ローミングプラン

海外ローミングの設定方法

海外ローミングをするには、スマートフォン本体で「ローミング」をONにする設定が必要です。

関連記事:AndroidスマートフォンやiPhoneでローミングをONにする設定方法

<節約派に>SIMフリースマホ+中国聯通香港のSIM

海外パケット定額より安く規制を回避したいと言う場合には、「SIMフリールーター+中国聯通香港SIM」がオススメです。

少しだけ初期設定が必要になりますが、最初の1回だけですので、機械に詳しい人に助けてもらうこともできますね。

レンタルWiFi中国旅行・出張で困るのが、GmailやLINE、Facebook, Twitter, Instagramなどにつながらないことですね。
でも、グローバルWiFiの「中国VPNプラン」を使えば、この制限をいつものスマホで簡単に回避できますよ。
中国のネット制限を回避できるレンタルWiFiが超便利だった!

中国・台湾旅行の強い味方「デルタアメックスゴールド」

中国東方航空・南方航空・チャイナエアラインなどスカイチーム系の利用が多い私が手放せないのが、《デルタ・アメックス・ゴールド》カードです。

デルタアメックスゴールドには優先チェックインビジネスクラスラウンジ利用、優先搭乗足元の広い席の優先割り当てなど、出張のストレスを軽減してくれる特典が非常に充実しています。

最近の私の課題は中国出張のストレス軽減。ある日のこと、「デルタアメックスゴールド」というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする