銀聯カード×三井住友銀行ATMで日本円を引き出す方法

中国の人民元建て銀行キャッシュカード(銀聯UnionPayカード)を使って三井住友銀行のATMで日本円を引き出してみました。

三井住友銀行ATMでは銀聯カードが使える

三井住友銀行のATMでは銀聯カードの引き出しができるようになっています。

三井住友銀聯の銀聯カード取り扱い手数料は1回あたり75円です。

銀聯カードでの引き出しでは、この他に中国側の銀行手数料がかかります。
関連記事:銀聯カードを日本で使う時のレート・手数料

と言うことで、最寄りの三井住友銀行のATMにやってきました。

三井住友銀行ATM海外発行キャッシュカード対応

店内に入るとATMがありました。

三井住友銀行ATM

店頭には取り扱いできるカードの表示がありましたが…

ありました!

右下に小さく銀聯マークが取り扱いできる旨の表示がありました。

IMG_20150311_165744

間違いなくこのATMで銀聯カードが使えるようです。

三井住友銀行ATM×銀聯カードで日本円を引き出す手順

さて、ATMの「お取引開始」と書かれたボタンを押します。

IMG_20150311_165609

カードを入れる

カード挿入口に銀聯カードを入れます。

言語を選ぶ

请选择语言と書いてあります。

中文(中国語)をタッチしてみました。

mmexport1453434166298

カードの種類を選びます。

日本国外卡を選びます。

mmexport1453434169179

银联卡を選びます。

mmexport1453434171701

暗証番号を入力する

6桁の暗証番号を入力します。

mmexport1453434174575

入力が終わったら「确认」キーを押します。

操作を選ぶ

取款(引き出し)をタッチします。

mmexport1453434176986

口座の種類を選ぶ

キャッシュカードの場合は、储蓄账户(預金口座)をタッチします。

クレジットカードの場合は信用账户をタッチすればOKです。

mmexport1453434179440

引き出し額を入力する

金額を入力して、右下の确认(確認)ボタンを押せばOKです。

mmexport1453434181863

銀聯「IC+磁気」カードで引き出しできました

今回使用したのは中国銀行のキャッシュカードで、表面にはICチップ、裏面には黒い磁気ストライプのあるタイプのカードです。

中国銀行カード

中国銀行カード

裏面には磁気ストライプ

裏面には磁気ストライプ

裏面に磁気ストライプ(黒い帯)のないカードは日本では使えないようですが、ICが付いていても裏面に磁気ストライプがあれば大丈夫ということのようです。

中国・台湾旅行の強い味方「デルタアメックスゴールド」

中国東方航空・南方航空・チャイナエアラインなどスカイチーム系の利用が多い私が手放せないのが、《デルタ・アメックス・ゴールド》カードです。

デルタアメックスゴールドには優先チェックインビジネスクラスラウンジ利用、優先搭乗足元の広い席の優先割り当てなど、出張のストレスを軽減してくれる特典が非常に充実しています。

最近の私の課題は中国出張のストレス軽減。ある日のこと、「デルタアメックスゴールド」というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする