銀聯カードを日本のATMで使う時の手数料レートまとめ

レンタルWiFi中国旅行・出張で困るのが、GmailやLINE、Facebook, Twitter, Instagramなどにつながらないことですね。
でも、グローバルWiFiの「中国VPNプラン」を使えば、この制限をいつものスマホで簡単に回避できますよ。
中国のネット制限を回避できるレンタルWiFiが超便利だった!
クレカ不可のお店が多い中国、でも「アリペイ」や「WeChatペイ」を使うのも日本人にはなかなか難しい。
でも、「銀聯クレジットカード」を使えば、中国でもキャッシュレス生活が送れますよ。
中国出張の必須アイテム「三井住友銀聯カード」徹底解説

中国で仕事をしていて人民元で給料を受け取っていて、中国の銀行口座に預金があるんだけど、日本に帰省した時に使いたい、そう思う方は意外と多いようです。

そんな時、日本のATMで銀聯カードを使って日本円現金を引き出すことができるんです。

銀聯カードを日本のATMで使う場合の手数料・両替レート・様々な制限についてまとめてみました。

スポンサーリンク

更新情報とお知らせ

華夏銀行の境外手続費について

華夏銀行の「境外手续费」無料回数が、2017年1月7日から「毎月1回」に引き下げられました。(2017/1)

セブン銀行のATM手数料について

セブン銀・ローソンATM・イーネットATMの手数料について複数の方からコメントで情報をいただいていますが、最新のセブン銀ATM画面では「銀聯カード利用時は手数料110円」との表示があることを確認しました。(2016/12)

2016年6月から各金融機関で1回あたりの限度額が大幅引き下げられています

2016年5月に発生したコンビニATM多額不正引き出し事件の影響で、各金融機関ATMの海外発行カード(銀聯カード含む)利用時の1回あたり引き出し限度額が大幅に引き下げられています。(2016/5)

記事中の各ATM引き出し限度額も更新しています。

日本のATMで銀聯カードを使う場合の、3種類の手数料

日本のATMで銀聯カードを使って日本円を引き出す場合、①公定レートと銀聯レートの差 ②日本のATM設置銀行手数料 ③銀聯カードの「境外提款手续费」の3つの手数料がかかります。

この3つの手数料をそれぞれ節約するのが、オトクに銀聯カードで日本円を引き出す秘訣です。

銀聯レート

logo

中国の銀聯マークがついたカードを日本で利用する場合、どの銀行のカードであっても同じ「中国银联汇率が適用されます。

銀聯レートは原則として1日1回、中国時間の11時(日本時間正午)ごろ更新されるため、時間の自由がある場合は、「レートが昨日より円高なら朝のうちに、昨日より円安なら午後に」とするとちょっとオトクになりますね。

コラム:銀聯レートに関するあれこれ

  • 中国の銀行は(一応)自由に為替レートを決められるので、中央銀行のレートと銀行のレートは若干異なることがありますが、基本的にほぼ横並びなので気にする必要はありません。

  • 一般に、銀聯レートは現金両替レートよりも0.5%ほど有利なので、銀行で日本円に両替するより銀聯カードで下ろした方が便利だしオトクです。

  • 銀聯レートは人民元の公定レートよりも、人民元(香港オフショア)レートに近い動きをしているようです。

ATMの設置銀行(日本側)が徴収する手数料

セブン銀行ATM海外発行キャッシュカード対応

日本のATMで銀聯カードを使う場合、ATM設置銀行(日本側)がATM利用料としていくらかの手数料を徴収します。

日本側手数料は1回につき100円前後と少額ですが、ATM利用1回ごとに手数料を取る形となっているので、できるだけ1回の操作で引き出す額を多くするのが節約のカギになります。

口座のある銀行(中国側)が徴収する手数料

中国銀行

中国の多くの銀行は、銀聯カードが国外で使われる場合に、「境外手続費(境外手续费)」を徴収します。

これは日本側のATM手数料とは別のもので、無料から2000円以上までと、銀行ごとの手数料の差が非常に大きいので注意が必要です。

日本で銀聯カードが使えるATMは?

三井住友銀行ATM

2016年7月現在、以下の日本の金融機関のATMで銀聯カードが使えるようになっています。

セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
ローソンATM
イーネットATM
三井住友銀行
東京UFJ銀行
SMBC信託銀行PRESTIA
京都銀行(一部)
北洋銀行(一部)
千葉銀行(一部)
八十二銀行(一部)
琉球銀行(一部)

日本のATMで銀聯カードが使えない?

最近、日本のATMで銀聯カードが使えない、希望した通りの金額が引き出せない、ということが発生しているようです。

考えられる原因について以下の記事にまとめました。

銀聯カード 海外引き出しに年間10万元の制限 対策は?
日本のATMには銀聯カードが使えるものもあり、中国人観光客だけでなく、中国で働いている(中国で給料を受け取っている)日本人にとっても非常に便利で助かります。そんな銀聯カードの海外引き出しに、しばらく前から新たに年間の引き出し制限がかかるよう...

ここからは、日本のATM設置銀行が徴収するATM手数料と、中国の(口座のある)銀行が徴収する境外提现手续费の具体的な金額を調査していきたいと思います。

海外長期滞在中の人も、万一に備えて、旅行保険付帯の年会費無料カードを1枚持っておきたいですね。
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
日本出国から90日までは自動で保険が有効になるので、1枚持っておいても損はしませんよ。
イチオシ!海外滞在者も持っておきたいエポスカード 7つのメリット