銀聯カード 海外引き出しに年間10万元の制限 対策は?

ゆうちょ銀行ATM海外カード銀聯カード明細カード日本のATMには銀聯カードが使えるものもあり、中国人観光客だけでなく、中国で働いている(中国で給料を受け取っている)日本人にとっても非常に便利で助かります。そんな銀聯カードの海外引き出しに、しばらく前から新たに年間の引き出し制限がかかるようになっています。

銀聯カードが使える日本のATM

中国で(駐在、出向、現地採用等の形で)仕事をしておられて中国の銀行口座に残高があって、日本のATMを使って日本円に両替したい、というニーズが意外と多いようで、C-STUDYの銀聯カード記事に多くのアクセスをいただいています。

静岡空港 セブン銀行ATM 銀聯カード対応

最近では中国の銀聯カードが使えるATMがかなり増えてきて、この方法が周知されてきた感があります。

現在のところ銀聯カードを使うことができるATMと手数料については、以下の記事をご覧ください。

関連記事:銀聯カードを日本のATMで使う時の手数料レートまとめ

銀聯カードが日本のATMで使えない?

ただ、最近は「銀聯カード 日本 使えない」などのキーワードでの訪問がコンスタントにあり、みなさん困っておられる様子が伺えます。

セブン銀行ATM02銀聯カード

原因1:磁気ストライプのない銀聯カード

銀聯カードが日本で使えない一番の理由には、最近の銀聯デビット(キャッシュ)カードには磁気ストライプ(カード裏面の黒い帯)がついていないため、日本のATMで認識できないことがあります。

関連記事:注意!2015年以降に発行された新しい銀聯ICカードは日本のATMで使えません

対策としては、上の記事にもコメントでいただいているように、中国にいる間に銀行窓口に行って、「海外でも使いたいから磁気ストライプのあるカードに交換してほしい」と言うと、カードを交換してもらえることがあるようです。

原因2:1回あたりの引き出し制限

また、日本側ATMや中国側銀行によって、1回あたりの引き出し制限がかけられていることがあります。

日本側ではゆうちょ銀行など一部のATMで1回あたりの取引額が10万円に制限されていることがあります。

他にも中国側(銀聯カード側)で1回あたりの取引額が制限されていることがありますので、引き出しがうまくいかない場合は、中国側の銀行に問い合わせてみるか、5000元や3000元などの少なめの額で引き出しを試してみると良いと思います。

原因3:1日あたりの引き出し制限

銀聯カードの1日あたりの引き出し額は中国の法律によって1万元(18万円~19万円)までに制限されています。

10万円×2回というような引き出しを1日のうちにしようとすると、この制限に引っかかる可能性があります。

原因4:年間引き出し制限

こちらは2015年の秋から始まった規制ですが、これまで1日あたりの引き出し額にしか制限がなかった銀聯カードに、年間10万元(180万円~190万円)の引き出し額上限が設けられました。

これまでは最高で年間365万元(約6800万円)もの大金を引き出すことができ、不正な方法で蓄財した人たちのマネーロンダリングに使われていたため、それを防止するためにこの制限が始まったそうです。

10万元は意外と少ない

10万元は一見多いようですが、中国の収入を日本に仕送りしないといけないとか、海外赴任から帰任するような場合にはこれでは十分ではありません。

銀聯カード 年間10万元制限の対策は?

ではどうしようもないのか、というと、対策はあるようです。

その1:銀聯カードを複数持つ

対策、というのは「複数の銀行に口座を開き、資金を分散させること」なんだとか。

この年間制限は銀聯カード(中国の口座)ごとにかかっているものなので、口座を分ければ大丈夫なんです。

その2:高額の買い物は銀聯カードで決済する

銀聯カード使えます

最近は日本でも銀聯カードを使えるお店が増えてきました。

高額な家電製品やパソコンなどを、できるだけこうした銀聯カードのお店で購入するようにすれば、引き出し制限の枠を大切に使うことができそうです。

また、貴金属店で換金性の高い純金ネックレスなど(※金地金はどこのお店でもカード購入不可です)を購入して、買い取り店に…ってこれは立派なマネーロンダリングです(><

まあこんな感じで、中国の法律や規制はだいたい抜け道だらけなので、あまり深く考えないのがいいと思います(^^;

まさに「上に政策あれば下に対策あり(上有政策,下有对策)」の国、政府と市民のイタチごっこは続きそうです。

中国・台湾旅行の強い味方「デルタアメックスゴールド」

中国東方航空・南方航空・チャイナエアラインなどスカイチーム系の利用が多い私が手放せないのが、《デルタ・アメックス・ゴールド》カードです。

デルタアメックスゴールドには優先チェックインビジネスクラスラウンジ利用、優先搭乗足元の広い席の優先割り当てなど、出張のストレスを軽減してくれる特典が非常に充実しています。

最近の私の課題は中国出張のストレス軽減。ある日のこと、「デルタアメックスゴールド」というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 馬場 より:

    去年まで、ATMから日本円を引き出す時の手数料は一回15元えでした。2016年(今年)はいきなり49元になりました。これってどういうことですか?教えていただけますか?

    • C-STUDY 事務局 より:

      馬場様、コメントありがとうございます。
      今年に入ってから手数料が急に高くなったということですね。
      もしかすると銀行の手数料体系が変わったのかもしれませんね。
      差し支えなければどこの銀行が発行したカードか、教えていただけますか?

      • 馬場 より:

        こんにちは!お世話になっております。

        さっそくのお返事ありがとうございます。

        中国銀行(中国の中央銀行)発行したカードです。東京の中国銀行の支店に問い合わせてみましたが、一切答えてくれませんでした。中国国内で発行したカードなので、中国国内の問い合わせの電話番号だけ教えてくれました。まだ電話していません。年間10万元しか引き出せない、手数料15元から49元に値上がり、その上最近人民元暴落、全部今年に入ってから、気づいたのです、かなりショック。

        • C-STUDY 事務局 より:

          馬場さま
          銀聯カードの年間引き出し制限はかなり残念でしたね。
          中国銀行の手数料、確かに去年は15元だったのですが、いつの間にかこっそり改定されて引き出し額の0.5%になったんですよね。私も読者の方から教えていただきました。
          中国側銀行の手数料はこちらのページ(http://www.c-study.net/2016/01/transaction-fee-unionpay-in-japan/)にまとめていますので、良かったら参考になさってください。

          • 馬場 より:

            お世話になっております。いろいろ教えていただき、ありがとうございます。
            単純に計算してみると、手数料3倍になったのですね。
            もう一つ教えていただけますか?。引き出しが10万元制限がかけられたのですが、郵便局を通して、当日のレードで海外送金の形で 自分日本の郵便局の口座に 30万元以下なら、一回で送金できますか?友人に頼んで送金していただくことを考えてます。
            ほかに、何か早くドルか 円に換金する方法が あったら、教えてください。 

  2. あいさん より:

    いつも大変参考にさせていただいております。
    さて、セブン銀行にての引き出しですが、[手数料をいただきますよ]的なお知らせが毎回ATMの画面に出てきます。
    100円程度だったと思いますが、タダではないようです。

  3. KAZ より:

    •銀聯カード 年間10万元制限の対策は?•その1:銀聯カードを複数持つ
    とありますが、知人がそのとおり招商銀行と農業銀行分けて使っていたところ、今年4月ごろに2枚合計で10万元に達したところで、どちらのカードも引き出し不能になりました。恐らく、パスポート番号等で同一名義人ごとで限度額管理されている可能性があります。すべての銀行でデーターがが繋がっているかはわかりませんが、同一名義人での複数カードでは回避できない可能性が高いです。

  4. JUN より:

    2016年11月付にて中国国内での同一名義人「同じ銀行」での口座開設に規制が
    掛かったようです。「名義人1口座のみ」又、前回使用から6か月間出入金 等の出し入れが確認出来なければ
    口座凍結されます。現地の窓口で凍結解除出来ますが一度訪中する手間が掛かりますので
    ご注意下さい。

    • DASHi@C-STUDY より:

      JUNさま
      お礼が遅くなってすみません。
      私もこの前銀行口座を開きに行ったところ、「この銀行で口座を開いたことはないですか?」と確認されました。
      さっそく規制が始まっているようですね。貴重な情報ありがとうございます!

  5. TAMO より:

    いつも貴重な情報を提供頂き、ありがとうございます。
    本日12/30に華夏銀行の銀聯カードを使い、セブン銀行で引き出しを行おうとしたところ、ATMに年間10万元制限に達したと思しき表示が現れ、引き出しができませんでした。
    Receiptにも、”Entered amount exceeds limit”(出金限度を超過しました)と
    書かれておりました。
    この華夏銀行の銀聯ガードは、今年7月から使い始め、すでに年間10万元制限にひっかかってしまったのですが、来年の7月まで、このカードでの引き出しはできないということなのでしょうか?
    それとも、年度が変わる1月には、前年の年間10万元制限はリセットされ、引き出しが可能になるのでしょうか?
    ご教示下さい。